やきとり治郎吉 呉服町店(じろきち)大衆的な雰囲気がたまらない。焼鳥焼肉ホルモン店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれて初めて福井で飲んできました。

ゴルフなんかでよく訪れるものの、今まで福井で泊まったことも飲んだこともなかったのですが今回福井で飲めるチャンスが到来!

以前から気になってしょうがなかったホルモンやきとり治郎吉さんへ。

事前に福井の人に治郎吉のことを聞くと『まぁ美味しいけど、もっと他でもいいんじゃない』との声が多数(笑)

いやいやいや・・・私はこの趣ある空間で飲みたいんじゃーいと治郎吉飲みを決行。ほら見て・・・このなんとも言えない素敵な雰囲気の建物。

焼肉・焼鳥・ホルモン、お肉ならなんでも任せろ的な外観が頼もしい!この治郎吉なんと夕方17:00~5:30迄営業で年中無休。

いくらなんでもすご過ぎませんかね!なんという体力・・・やっぱりお肉のチカラなのか?お疲れさまです!

スポンサーリンク

プレハブのような店内は思っていたよりも広くてカウンター席とテーブルがふたつ、あまり大人数で利用は出来なさそう、さっと食べて帰るって感じなのかな。

メニューをどんな角度で撮影しても右側が光ってしまいうまく撮れなかったけど、どれも1本80~100円くらいだったようでリーズナブル!まずはカウンター席で乾杯。お疲れさまでーす!

治郎吉といえば『ホルモン』が人気だそうで、オーダーはお任せしちゃう。

この四角い鉄板でホルモンを焼いてきますよ。

お店のお母さんがボールにキャベツ、もやし、ピーマンなんかの野菜とホルモン数種をぶち込んで、最後に水のような謎の液体を振り掛けそして豪快バシャーンと鉄板へ放り込む!振りかけられた水分が思っているよりも多く、焼くというより前半はグツグツと『煮る』

野菜からも水分が出てくるからか、なかなか水分が飛ばず焼けない!!!もう空腹は限界寸前、まだかまだかとお箸でつつき、つまみ食いしようとすると『まだ!』とストップがかかる・・・拷問か!その間に注文しておいた純けいが届いてなんとか命拾いした。

純けいといえば秋吉と豚太郎でしか食べたことがなく、福井のこれはどうなんだろう?

あっさりとした味付けで噛み応えは秋吉と全然違う!どう違うのかと聞かれると説明出来ないんだけどまったくの別物だった。

そしてカラシがやたらとツンツンしていて涙が止まらん・・・練りたてだったのかな。

泣きながら純けいを食べているとようやく焼けてきたホルモン!味付けはされていないので卓上のタレを付けて食べるんだって!いただきまーす!

ウマーイ!!(*´ロ`*)何これウマーイ!!(*´ロ`*)あぁぁ…美味しすぎる!!美味しすぎますぅ〜!!

鉄板で香ばしく焼かれたホルモン、うっめぇ!ホルモンはシロ、ハツ、センマイ、ミノあたりでもっと種類があったかも。

ホルモンの旨みをたっぷりと吸い込んだ野菜もまた美味しい!ああー、こんな食べ物だったのかと感動!

鉄板のおこげもこそいで食べてみる、うん旨い!

ビールはもう終わりにしてハイボールくださいなーっ!するとお兄さん、なんと目の前で缶のハイボールをプシュっと開けてジョッキに注ぐ!『濃くはできないけど薄くもならないよ!』と笑顔で渡してくれました。なるほど、安定の味。

大衆的な雰囲気の中で食べるホルモンはめちゃうまで、こんな店が近くにあったらいいなと心底思う。

美味しかったです。ごちそう様でした!

やきとり治郎吉 呉服町店(やきとりじろきち)

住所 〒910-0019 福井県福井市春山2丁目22−12

電話番号 0776-23-8903

営業時間 17:00~5:30

定休日 無し

駐車場 有り

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク