富山県砺波市 手打ち石臼挽き蕎麦福助(ふくすけ)雰囲気良しの古民家で食べる鴨汁せいろ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとお隣の富山県まで。

『越中三助焼(えっちゅうさんすけやき)』陶芸体験のチケットをいただいたので砺波市へ!

陶芸体験はお昼からだったので、それまでに砺波市周辺でランチ。

以前にどこかで見た雰囲気の良いお蕎麦屋さんがあったなと思い出し、『手打ち石臼挽き蕎麦 福助』さんへ!

こちらは黒部市の山間部から古民家を移築してきたそう。

しかしその大きさにびっくり。

こんな大きな建物をどうやって移築してきたの・・・?

とにかく広く大きく、趣のある建物です!天井が高くて開放感があります。

平日でしたが開店待ちをしている方がチラホラ。

オープンするとすぐに満席になっていました。

注文したのは 鴨汁せいろ (玄挽き田舎)1650円(税込)

お蕎麦は『細挽きせいろ』『玄挽き田舎』が選べます。

まずはお蕎麦をいただきます!

ウマーイ!!(*´ロ`*)何これウマーイ!!(*´ロ`*)あぁぁ…美味しすぎる!!美味しすぎますぅ〜!!

荒々しい感じの田舎蕎麦。うんまっ!

細切りの蕎麦は噛み応えも喉越しもいい。

お蕎麦は更科もいいけど田舎のワイルド感が好き!

ううう、うんまい!

鴨汁につけていただきます!ズズ!

ウマーイ!!(*´ロ`*)何これウマーイ!!(*´ロ`*)あぁぁ…美味しすぎる!!美味しすぎますぅ〜!!

温かいつけ汁、うんまっ!

甘さ控えめのつゆに鴨の旨みが溶け出してなんとも美味しい!

極太のとろとろの葱も最高・・・あああうんまー。

鴨肉も臭みなんて全く無くプリプリ。

あー、幸せ・・・。

蕎麦湯を飲んで、ごちそう様でしたー。
スポンサーリンク
お蕎麦を堪能した後は『越中三助焼』さんへ。
『平べったいお皿を作りたい!』というリクエストを伝えて、手ほどきを受けます。
ろくろ回しは初めてでしたが、それはもう想像以上に難しくて難しくて・・・
お皿は平たくなればなるほど作業が難しくなるらしく、全然うまくいかない!
全てを職人さんに丸投げしたくなるほどでした。(実際にほとんどやってもらいました)
なんとか完成させたお皿に塗る釉薬のデザインを選び、出来上がったものを発送してもらいました。

じゃーん。

なかなか素敵でしょ?

ほとんど自分では何もしていませんが、楽しい体験でした!

手打ち石臼挽き蕎麦 福助 (てうちいしうすびきそば ふくすけ)

住所 〒939-1345 富山県砺波市林947-1

電話番号 0763-33-2770

営業時間 昼:11:30~14:30(LO14:00) 夜:18:00~20:30(LO20:00)

※蕎麦が売り切れ次第終了

定休日 月曜日

駐車場 あり 14台

越中三助焼窯元

住所 富山県砺波市福山326
電話番号 0763-37-0126

スポンサーリンク