伝説の寿司屋のお土産である弥次喜多は人生で最高のお握りでした 金沢市 小松弥助(こまつやすけ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主人が小松弥助に行ってきた。

羨ましい。ただただ羨ましい!!!

常連である上司様に連れていってもらったそうで、その時になんとしてでも次回の予約を取ってきてとお願い。

まだどうなるかはわからないけど、私の誕生日である3月に予約を取ってもらえる段取りになったそう!

嬉しい!嬉し過ぎる!

そして常連の間では常識のお土産『弥次喜多』をもらえた。やった!

弥次喜多は特にメニューに記載されていないのですが、注文すれば持って帰れるそうです。

具材である漬けとご飯が馴染んでくる食べ頃は握ってから3時間前後だそうで、仕事とジムを終えて帰ったきたらまさにその時。

わくわくしながら開封の儀!

スポンサーリンク

これが伝説である寿司屋のおみや、弥次喜多。

お刺身の漬けを海苔でくるんだものを具にしたおにぎりで、握りこぶしくらいあって大きい!

持ったらわかる。

普通のおにぎりのようにきゅっと握られてなくてふわふわしている。

中身をぱっかーんすると、なるほどこうなっていたのか。

いただきまーす!

ウマーイ!!(*´ロ`*)何これウマーイ!!(*´ロ`*)あぁぁ…美味しすぎる!!美味しすぎますぅ〜!!

確認できた中身はマグロ、イカ、白身、キュウリ、数の子。

なるほどー中身が馴染む頃が食べごろ、という意味がわかる。

海苔が漬けの醤油を吸っていい感じにとろとろで、漬けは水分が抜けてねっとり。うんまっ!

酢飯はふわっふわに握られている。うまい、うんまーーい!

価格はふたつ入りで2,000円らしく、ひとつ1,000円のお握りを食べたのは生まれて初めて。

せっかくなので日本酒と一緒に大事に食べました。

お握りをアテに飲むのも生まれて初めてでした(笑)

3月がとっても楽しみ。

どうか予約が出来ますように。

美味しかったです。ごちそう様でした!

小松弥助(こまつやすけ)

住所 〒920-0853 石川県金沢市本町2丁目17−21

(料理旅館金沢茶屋 割烹つづみ内)

電話番号 076-231-1001

営業時間 11:30~15:30

定休日 木曜日

駐車場 有り

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク