金沢市 金沢茶屋割烹つづみ(かっぽうつづみ) 金沢駅から徒歩一分の割烹で天然とらふぐコースを堪能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、なんと加賀屋グループである金沢茶屋割烹つづみの食事券をいただきました。

10月から始まるふぐ懐石コース!う、嬉しい~!

私はふぐコースを食べたのは大昔にたったの一度だけ。

十数年前に大阪へ行った時にツアーだかなんだかに付いていた、づぼらやさんのコースのみ!(笑)

なので今回はほとんど初めてのようなものでしたので、予約した日が来るのを指折り数えて楽しみにしていました!

↓スライドショーでメニューが見られます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

まず出されたのは珍味三種

左からふぐの糠漬け、煮こごり、芽ねぎと味噌。

薄切りの糠漬けはひとかけらがとても小さいのですが、口に入れると独特の醗酵臭が広がります。

ハッキリと好き嫌いが分かれるとは思いますが、いかにも珍味といった味わいでほんの少し食べるとうまーい。

煮こごりは口に入れると噛まずとも体温で溶けていく。うま!

ほんのり生姜が効いていて溶けると中から出てくるフグ皮のコリコリが美味しい。

ふぐ刺し

どどーんと盛り付けられたふぐ刺し。

透けるような薄切りのふぐ、ズザザーっと一気に10枚いってやるー!

と宣言したものの、そこは庶民なので5枚でストップ。

ポン酢をちょこっと付けて食べます。

ウマーイ!!(*´ロ`*)何これウマーイ!!(*´ロ`*)あぁぁ…美味しすぎる!!美味しすぎますぅ〜!!

薄切りながら物凄い弾力!噛んでも噛んでもお刺身が跳ね返ってきます。

よーく味わうと淡白ながらも旨みが染みでて来る!うんまーい。これがフグか!

こりゃ10枚一気に食べたら噛み切れないかも。5枚にしておいて良かった~!

皮、皮と身の間の部分もそれぞれ違った味わいでうんまーい!

スポンサーリンク

ふぐヒレ酒。

臭みなんて一切なし。

熱々の日本酒に香ばしいヒレの香りが移っておいしいなぁ~。

茶碗蒸し。

あっさり上品な味わいで超フルフルの食感!

底からフグの身がこんにちわ。

フグから揚げ。

お肉でもお魚でも骨の近くの身は美味しい。

食べられる部分は少ないけど揚げたことでギュっと弾力が増した身はうまいっ!

ふぐ鍋。

席についているお姉さんが全部やってくれます。

こちらもぽん酢でいただきます!

ウマーイ!!(*´ロ`*)何これウマーイ!!(*´ロ`*)あぁぁ…美味しすぎる!!美味しすぎますぅ〜!!

純粋なフグ出汁のみで作ったというお鍋、うんま~。

繊細で上品な味わいの出汁で炊かれたフグの身は最高。

皮はトロっと身はぶりんぶりん。食べられる部分を探して夢中でかぶりつく・・・。

野菜も当然美味しくなっている。あーうんまっ!

あらかたお鍋を食べるとお次は雑炊。

よくテレビや漫画で『雑炊は粘りが出るからかきまぜちゃダメっ!』というやり取りを見ていたのでそのセリフを期待していましたが、『雑炊お造りしま~す』と鍋ごと厨房へ持っていかれてしまった。残念。

そして戻ってきた鍋には何合分のご飯を入れたのかというほどの量。

こんなに食べられない!

こちらも好みでぽん酢をかけていただきます。

うん、うんまー!

雑炊にするとフグ出汁の味がよくわかって美味しい!

繊細ながらも味わい深く美味しい。ふぐ最高!

さすがに雑炊を完食することは出来ず、もう胃袋には1mmも余裕がないのでデザートは断ることにしたのですが、この日のデザートはあの有名な『吉はし』のお饅頭なので持ち帰ってくださいとのこと。

家に帰ると胃袋に余裕が出来たのでお饅頭を食べてみると、信じられないくらい美味しい!!!!

餡の滑らかさや皮の絶妙なフワフワ感、控えめで上品な甘さ。

今まで金沢に住んでいてこんなに美味しい和菓子を食べたことがない。

一度食べただけですがすっかり『吉はし』さんのファンになってしまいました。

今度予約して買いに行こうと考えています。

美味しかったです。ごちそう様でした!

金沢茶屋 割烹つづみ(かなざわちゃや かっぽうつづみ)

住所 〒920-0853 石川県金沢市本町2丁目17−21

電話番号 0120-278-223

営業時間 5:00~10:00 15:00~00:00

定休日 なし

駐車場 有り

スポンサーリンク